私がタロットカードと出会ってから数十年が経ちます。

一番古い友達と同じくらいの長いお付き合いです。

タロットカードの解説、紹介をされている方はたくさんいらっしゃいますが、私なりにウェイト版タロットカード78枚を紹介したいと思います。

タロットカードは全部で78枚なのですが、そのうちの22枚を大アルカナカード、残りの56枚を小アルカナカードと呼びます。

【愚者】 は大アルカナカード22枚の1番最初のカードで、0番です。

【正位置の意味】

直感、可能性、大胆、独創性、空想、解放、旅立ち、純粋、神聖な愚行

【逆位置の意味】

愚か、軽装、不安定、気まぐれ、未熟、愚行、協調性欠如

【カードの背景】

【若者】自由、純粋 ➡個性的な服装や頭の羽飾りは、ふわふわした気まぐれな『愚者』のキャラクターを表しています。

【小さな荷物】 経験や思い出が少ない、経験値が低い  ➡ 荷物の中には四大元素のワンド、カップ、ソード、ペンタクルスが入っているという説もあります。この四大元素は可能性や、さまざまな状況に対応する力ですが、袋の中にしまい込んでいる事から「可能性を秘めている」と言う意味になります。

【白いバラ】純粋、願望

【犬】魂のガイド、本能、直観

【崖】危険、リスク ➡ これから『愚者』が進む先には困難が待ち受けている

【私の解釈・愚者】

私の思う愚者のカードのイメージ

は、生まれたての赤ちゃんです。

キーワードにも『旅立ち』とありますが、生まれると言うことはこれから人生の旅が始まると解釈してます。

知識も経験も少なく(生まれたばかりなので当然ですよね)とても危なかしい。

でも、ちゃんと守ってくれる人がいる、危険を回避してくれている。

赤ちゃんなら家族や周りの人がお世話してくれますよね。

純粋で、大胆で、大きな可能性を秘めている。そんなイメージです。

このカードは、問題に対して頭であれこれ考え、常識や過去の経験に囚われるよりも、直観に従って行動してみる時期である事を示しています。

逆位置で出た場合は、状況について今一度考え直した方が良いでしょう。

気まぐれな判断や行動は後で取り返しのつかない事にならないように。

関連記事



LINE公式アカウントできました!

お友達追加で、タロットカードまたはルノルマンカードで、
1枚引きプレセントします。

↓  ↓  ↓

友だち追加