戦車に乗った若者は、太陽神アポロンであると言う説や、女帝皇帝の子供であると言う説などがあります。大アルカナカードを1つの物語としてみると、後者の方が面白い解釈が出来るのではないかと思います。

この戦車はスフィンクスで動くと言う、不思議な乗り物です。

スフィンクスの白と黒の組み合わせは、女教皇に登場する柱のように、陰と陽、能動と受動と言った二元性をあらわしています。

よく見ると、スフィンクスはそれぞれ少し外側を向いてます。このまま勢いよく走り出すと、きっと倒れてしまいますよね。

相反する性質の物をコントロールすると言う事は、それだけ難しいのです。

どこか不機嫌そうな、スフィンクスの表情。それを操りながら、突き進む男性。

彼は若いだけではなく、高度な技術も兼ね備えている人物です。

カードの背景

スフィンクス…能動性と受動性、肯定と否定、知恵  

胸元の四角…活力、支配→皇帝との関連

両肩の月の顔(ウリムとトンミム)…光と完成(神から聖職者に与えられた道具とされている)

戦車フロントのシンボル(リンガとヨニ)…男性性と女性性の結合

正位置

キーワード

前進 コントロール 乗り物に関する事 克服 勝利

解釈

  • スポーツ観戦デートで親密度アップ
  • 仕事で昇進する
  • 難易度が高いほど、克服した時の喜びが大きい

逆位置

キーワード

暴走 コントロールできない 敗北 挫折 悪戦苦闘 短気

解釈

  • 仕事はスピードよりも、ミスをしない事に気を配る
  • 不利な体勢からでも、逆転チャンスあり
  • 周りに振り回されないように

関連記事

LINE公式アカウントできました!

お友達追加で、タロットカードまたはルノルマンカードで、
1枚引きプレセントします。

↓  ↓  ↓

友だち追加