カードの背景、両脇の柱は、女教皇法皇と同じく、二元性や別世界への入口を表しています 。

右手の剣は、悪や不正を切り裂く 諸刃の刃。

覚悟して正しく使わなければ、振り下ろした刃は本人に向けられると考えられます。

左手の天秤は公正さ、バランスを表しています。

また、正面を向いている人物と言う所も、女教皇法皇との共通ですが、これはバランスがとれている状態の象徴とされています。

判断、導きと言う役割をもっているのも、3枚のカード( 女教皇、法皇、正義 )の共通するところです。

女教皇は神や神秘的なもの、 法皇は道徳や教育的なもの、 そして正義は法や規則なものによる判断や導きと、意味合いが少しずつ違ってきます。

正義のカードに描かれている人物は、ギリシャ神話の女神アストライア、またはその母テミスがモチーフになっていると言われてます。

テミスはの大地神ガイヤと、天空の神ウラノスの娘です。

古代ギリシア語で、テミスとは 「不変なる掟」との意味があります。

【カードの意味】

正位置

正しい決断 誠実 バランス 公正 法律

逆位置

不公平 アンバランス 判断ミス 違反 

【カードの背景】

柱…バランス、中立→神聖な場所とされている  幕…別世界への入り口

両刃の剣…裁き、知性、情に流されない判断  天秤…公正性、バランス、客観的

【カードのメッセージ】

正位置

あなたの思う正しさはなんですか。

誰かのように生きる事?あこがれの誰かと同じレベルになる事?

強くあらねば、正しくあらねば…

強すぎる思いは、時にあなた自身の自由や行動を縛ってしまうことも。

  • 婚約や結婚の暗示
  • 権力や名声に捉われない判断
  • 本業と副業のバランスが取れている

逆位置

今、あなたに必要なのは「正しさ」よりも、情熱を傾けられるかどうかの判断。

何かの突破口になってくれるかもしれません。

ただし、きちんと決められた事は、守ってくださいね。

特に、仲間内のルールには要注意。

  • 不平等な関係
  • 不倫・三角関係の暗示
  • 正しい判断が出来ない

関連記事