私がタロットカードと出会ったのは中学生の頃でした。

カードの意味や背景について改めて考えながら、カード達を1枚ずつ紹介します。

タロットカードは全部で78枚なのですが、そのうちの22枚を大アルカナカード、残りの56枚を小アルカナカードと呼びます。

【魔術師】 は大アルカナカード22枚の2番目のカードですが、1枚前の「愚者」のカードが0番のため、番号は「1」となります。

正位置での意味

意志、スタート、可能性、機会、才能、創造、才能、アイデア

【逆位置での意味】

詐欺、混迷、無気力、未熟、技術不足、消極性、凡庸、出遅れる

【カードの背景】

大アルカナ22枚は0番のカード、愚者が旅をしていろんな人物(&人外)と会って成長する『フールズジャーニー』である、と言う解釈もあります。

この考え方だと彼が最初に出会うのは、この1番の『魔術師』と言う事になります。

テーブルの上には、万物を構成する四大元素としてワンド、カップ、ソード、ペンタクルスが乗ってます。
これは、トランプカードの4つのマーク、クラブ、ハート、スペード、ダイヤにあたるもので、それぞれが、欲望、愛と感受性、思考や行動、肉体と、生きるために必要なものを表しています。

この4つは、小アルカナカードの4種類のスート(マーク)と同じもので、愚者のカバンにつめて持ってきた物だと言う説もあります。

頭上のインフィニティ(数字の8を横に倒したようなマーク)は、無限の力、顕在意識と潜在意識の相互作用を表しています。
また、カードの上の方に書かれている、つるバラは(ランブルローズ)は正直、誠実の意味があります。

【私の解釈】

このカードは、お客さまの相談に関することが、スタート段階に来ている時に良く引きます。

しかも、なんとなく始めるのではなく、しっかりと準備を整えてから計画性を持って進めていくイメージです。

逆位置で出る時には、実はスタート出来てない事が多いです。

例えば、お客様が「恋人が欲しい」と相談に来られたとします。
出会いの場に出かけているのに、彼氏が出来ない、と言うご相談。
しかし、よくよくお話を聞いてみると、出会いはあるけど、相手の悪い面ばかり目に入ってお付き合いをやめられたり、お仕事やプライベートが忙しくて、恋愛まで気持ちが回らない状況だったり…。

「実は」……まだ、準備が出来てなかったりします。

このカードに描かれているのは、偉大な魔術師です。

あなたの願い事や、アイデアを現実に変えてくれるカードでもあります。

関連記事