このカードに描かれているのは、旧約聖書に出てくるバベルの塔であると言われています。塔は神に近付こうと思いあがった人間(権力者)が、高く高く建てたもの。そこに神が雷を落としたのです。

雷によって権力の象徴である王冠は飛ばされ、三位一体を表す3つの窓からは炎があがってます。

神の怒りに触れたのでしょうか。

しかし、塔の周りにはヘブライ文字の「ヨッド」が降り注いでいます。ヨッドには「神の手」と言う意味があり、しかも「喜び」を表す黄色で描かれています。そう考えるとただ単に怒りだけで落とした雷ではなく、人々に「気付き」を与えようとする神や宇宙からの愛のある警告だと思われます。

名誉欲を表しているような灰色の建物が崩れる様子は、今までの価値観が崩壊して真実が見えてくることの象徴であり「浄化」です。

ヨッドの数は22個。ヘブライ文字も22文字でヨッドは10番目の文字。タロットカードの「隠者」に対応していると言われています。隠者も大アルカナカードの10番目のカードです。

【カードの背景】

高い塔…優越感、驕り、自惚れ  

雷(稲妻)…神の意志、突然やって来るアクシデント

王冠…地位、名誉、財産  

3つの窓…三位一体

【 正位置 】

キーワード

想定外 価値観の崩壊 真実に気付く 浄化

解釈

  • 予想もしていなかったアクシデントが起こる(悪い結果につながるとは限らない)
  • 今までの価値観が覆るような出来事が起こる
  • 異動、転勤、引越しなど環境の変化

【逆位置】

キーワード

収拾可能な危機 予想通りのトラブル 解放

解釈

  • 想定していた範囲でのアクシデントが起こる
  • 固執していた考え方から解放される

関連記事

鑑定ご希望の方はこちら!

九星気学で運勢をみて、タロットカードで今の状況を軸にあなたの未来を作ります。

どうぞ、お気軽にお問合せください☆彡

鑑定の内容はコチラです

ご予約・お問合せは、以下のボタンからお願いいたします。 

お申込み・問い合わせはこちら

LINE公式アカウントできました!

お友達追加で、タロットカードまたはルノルマンカードで、
1枚引きプレセントします。

↓  ↓  ↓

友だち追加